【30万円から1億円へ3年間で目指す】外国為替取引奮闘日記!

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週明け月曜日の欧州時間より相場は上昇基調となりながらも、やはり31日のFOMCを前に若干の上下を試しながら様子見モードですね。

取引メイン通貨にしているポンド円も地合いは弱いながらもじり高に推移しています。

今日は、日本市場で一旦は235円台前半の安値をつけるも、欧州市場からポンド買いが見受けられ237円台まで上げ、今は236円台と比較的底堅さを見せる動きをしています。

236円台でのS(ショート)を保有していますが、これは評価損となっています。

さて、いよいよ明日31日FOMCによる米金利引き下げが0.25%か0.5%か?

ある程度は、既に織り込み済みではあるでしょうが、発表後は相場を動意づかせることになると思います。

利下げによる株高、リスク許容度が増して円売りという予想も多いですが、絶対的な金利差相場も根強くあるので、ドルは一旦は買われても、結果的には上値は重く、売られるのではと思います。

その点では、クロス円よりストレートの取引の方が、動きに追随するならば良いのかもしれません。

ちなみに私はストレートの経験が未熟な為、手は出せませんが・・・

GBP/JPYでは頭を押さえられていた移動平均線25日線を上抜け、75日も上抜けています。

現在は200日線の237.37で頭を押さえられている状況。

25日、75日、200日の乖離幅がほとんどなく、どちらにも行きそうな位置にいるので、ポジションを取りにくい場所にいます。

節目としては、上限8月17日の下落後の戻り高値240.69、ボリンジャーバンドの上限と同じ水準で、ここは大きな節目となると思います。

下では、雲の上限235.34あたりが、先ず第1の節目となりそうな感じです。
それを下回ると、ボリバンの234.47あたりとなるのではと考えています。

週末の米雇用統計も控えているので、過度なポジションは控えながらも、押し目は狙っていこうと思います。

【29日の決済】

(GBP/JPY)
234.00×2L ⇒ 236.08 +43,592円
234.37×2L ⇒ 235.24 +19,392円
234.49×2L ⇒ 235.24 +16,992円
             合計 +79,976円

【現在保有のポジション】30日現在

(GBP/JPY)
236.36×2S
236.23×2S


今後の励みになります!
⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
さて、今週の収支実績です。

今週は、GBP/JPYでは、もみあった展開で、上げたり下げたりでした。

日足移動平均線25日では上昇しているものの、75日線は下降継続で地合いは弱く、25日線で頭をしっかり押さえられる展開となりました。

また、今週も米国市場での株価に大きく連動する、株価主導型の為替相場となしました。

今週の収支実績としては、安値で掴んだZAR/JPYも貢献し、プラス収支!

一時、GBP/JPYで230円台へ突っ込んだ場面もあり、米株価の下落に応じて、大きく下げる展開がありました。
若干のショートポジション仕込みによる利益も出すことが出来ましたが、保有していたロングを損切るなど、結果としては辛抱が足りないこととなりました。

これは、230円台で切り替えしたので言えることなので、もしそのまま下落していたらと考えると、損切りもリスク回避面で良かったと判断しています。

昨年11月から外国為替取引をスタートさせ、順調に利益を増やして今年8月に大きな痛手になったのも、この損切りが出来なかったからです。

9月からの再スタートでは、その反省をふまえ、リスク面をしっかり考えてトレードを行っていきたいと思います。

勿論、ブログテーマであります、目指せ1億円!! その為には、テクニカル面、ファンダメンタル面でしっかりした展開が読み取れる時には、勝負も必要かと思っています。

さて来週は、取引メイン通貨にしているGBP/JPYが25日線、更には75日線を上抜けるかどうか?
どちらにも行きそうな、中間点に位置しています。

234円台で6枚ロングを保有しているので、週末の米ダウの上げに引き続き、週明け株価上昇、為替上昇といったシナリオに期待したいものです。

但し、FOMC、米雇用統計など、重要指標を数多く控えているので、突っ込んだ展開も頭に入れ、トレードしたいところです。

ポンド円でのテクニカルは?!

(上の節目)
? 235.34 雲上限
? 236.18 日足25日
? 236.62 日足75日
? 237.37 日足200日

(下の節目) 
? 233.74 ボリンジャーバンド1.0
? 232.52 ボリバン1.5
? 231.29 ボリバン2.0
? 230.83 雲下限

全体的な流れとしては、25日が上昇していますが、75日は下げが継続しています。
また200日も下に折れかかっています。
先週は25日で頭を抑えられた展開で、75日まで届かず・・・

地合いは弱いのが事実ですが、底値は先週付けた230円台は固そうにも見えます。
来週も突っ込んだところでは、しっかり拾っていきたいと思います。

ちなみに、現在保有している234円台のロングポジションは、雲の上限235円台まで上げれば一部利確して、25日線の236円台まで伸びれば一旦すべて利確、戻り売りも考えています。

来週も頑張りましょう!!


【確定済み収支】

01日?05日 :  +90,805円
08日?12日 : +216,215円
15日?19日 : ?152,677円
22日?26日 : +233,278円


【投資額30万円からの累計損益】2007年9月スタート

+506,563円


【現在保有ポジション】

(GBP/JPY)
234.00 × 2L
234.37 × 2L
234.49 × 2L

(評価損益)
+14,576円


今後の励みになります。
⇒ 人気blogランキングへ
今週の24日(水)?26日(金)の外国為替取引実績としては、GBP/JPYで保有持ち越ししていた235円のロングを損切りマイナスとなるものの、安値で保有していたZAR/JPYが大きく利益を上げました。

24日は米9月中古住宅販売件数において525万件の予想で504万件。
予想を下回り、サブプライム問題における住宅市場に依然として影を落としていることを嫌気して下落相場となりました。

25日は、各種指標を控え一進一退となり、米株価をにらんだ膠着状態となり相場としてはあまり大きな変動結果とはなりませんでした。

GBP/JPYは、移動平均線25日は上げているものの、75日が下降線となっており、ずっと頭を抑えられた値動きとなり、地合いは弱いながらも底堅さも感じるといったところです。

テクニカル的には、どちらに行きたいのか中間点にいる状況となり、週末金曜日の動き、米10月ミシガン大学消費者信頼感指数を見てからポジションを検討することに決めました。
いわゆる様子見をしようと決め、週末金曜日を迎えることに。

26日はミシガン大学消費者信頼感指数を控え、日中はじり安ではありましたが、様子見ムードの漂った展開。
予想82に対して80.9と下回り反応は薄いも、その後233円台まで突っ込む展開となしました。

その後、切り返してきた所でポジションを持つことに。
米ダウもプラスで引けている点で、週明けには期待したいところです。

【24日?26日の決済】

(24日)
GBP/JPY 235.12×3L ⇒ 235.80 +20,400円
                    合計 +20,400円

(25日)
GBP/JPY 235.00×3L ⇒ 233.00 ?60,000円
GBP/JPY 231.50×1L ⇒ 234.50 +30,000円
GBP/JPY 233.63×3S ⇒ 233.46 +2,700円
GBP/JPY 233.64×3L ⇒ 234.14 +15,996円
GBP/JPY 234.25×2L ⇒ 234.25 +664円
ZAR/JPY 16.6260×20L ⇒ 17.242 +135,620円
                    合計 +124,980円
(26日)
決済なし

【現在の保有ポジション】
GBP/JPY 234.00×2L
GBP/JPY 234.49×2L
GBP/JPY 234.37×2L

今後の励みになります!
人気blogランキングへ
本日の東京市場では日経平均が下げ、外国為替クロス円も下げて始まりました。

先ほど発表された米9月中古住宅販売件数では、予想の525万件(前月比-4.5%)を下回り504万件(前月比-8.0%)と、やはりサブプライム問題での影響が出ています。

ある程度、折込済みではあったものの、クロス円は全面的に円買いが進んでいます。

取引メイン通貨にしているGBP/JPYでは、昨夜の高値235円台から軟調に推移しています。

日足での移動平均線25日ラインである235.97どころを、きれいに頭を抑えられた形で下落。
25日ラインの流れは上げてきていますが、75日はなだらかに下げています。200日からのデッドクロスも見受けられ、地合いの弱さが伺えます。

現在は、時間足75本233.85を割り込んで下落しています。

英国の経済指標自体はそれ程悪いわけではありませんが、市場では株価と連動した動きとなっているので、今晩のNY市場での株価が気になるところです。

このまま下落相場が続くと、ボリンジャーバンド下限230.46も頭に入れ、NY市場でのダウの状況にもよりますが、押し目は狙っていきたいと思います。
今週は月曜日の週明け大きく下落相場で始まりました。

先週末のNY市場でのダウ大幅下落を受けて、週明け日本市場から欧州市場にかけて
引き続き、為替取引も下落相場で大きく下げる展開に。

この下落を受けて、ロングで保有していたZAR/JPYにおいては大きなマイナスとなってしまい、一旦損切りを行いました。

同時にメイン取引通貨であるGBP/JPYをショートにてポジションを取り、若干損失をカバー。

22日(月)の欧州市場で大幅に下げた後、GBP/JPYで狙っていたロングの指値で、順次ポジションを増やし、これが利益を生み出しました。

【22日、23日の決済】
(22日)
ZAR/JPY 16.8877×20L ⇒ 16.5450 ?68,540円
ZAR/JPY 17.0000×20L ⇒ 16.5450 ?86,080円
ZAR/JPY 16.5660×20S ⇒ 16.6660 ?20,000円
GBP/JPY 233.90×2S ⇒ 232.00 +38,000円 
GBP/JPY 233.55×5S ⇒ 233.16 +19,500円 
GBP/JPY 233.25×5S ⇒ 233.16 +4,500円
GBP/JPY 233.00×5L ⇒ 233.02 +1,000円
GBP/JPY 233.50×5L ⇒ 233.02 ?24,000円
                   合計 ?135,620円
(23日)
GBP/JPY 232.00×3L ⇒ 234.00 +61,005円
GBP/JPY 231.37×2L ⇒ 234.33 +59,870円
GBP/JPY 231.00×2L ⇒ 234.00 +60,000円
GBP/JPY 231.00×2L ⇒ 234,50 +70,670円
GBP/JPY 234.50×2S ⇒ 235.51 ?20,200円
GBP/JPY 234.50×1S ⇒ 235.52 ?10,200円
                   合計 +221,145円

【現在の保有ポジション】
GBP/JPY 231.50×1L
GBP/JPY 235.12×3L
ZAR/JPY 16.626×20L

さて、これからの展開ですが。

メイン取引通貨としているGBP/JPYは、本日、NY市場で235.65の高値を記録、234?5で推移しています。

上値の先ず第一節目として、25日移動平均線236円、次いで75日の237.24円どころ。
一気に上抜けるにはトレンド的に弱さのある状況なだけに厳しいと思います。
これを抜けると、100日の239.20円、ボリバンの上限241.50円が大きな節目とも考えています。
241円台は、8月中旬の雪崩が起こる前の上旬にもみあった所となります。

下値では、時間足25本で233円、ボリバンの下限230.30円、雲の下限229.50円を節目と見ます。

NY市場での株価に大きく左右される展開が続いていますので、株価推移を確認して高値では戻り売り、安値では押し目をそれぞれ節目で狙っていこうと思います。

応援、宜しくお願い致します。
人気blogランキングへ

今回より、取引状況を週別でも記録していこうと【週別収支実績】のカテゴリを作成します。

月別だけでなく、週別での収支実績を残していくことにより、週間での自己投資判断のチェックをしていこうというものです。

ちなみに今週は、株価下落とG7前のポジション調整など、大きく相場を下げる展開の中、上手く流れに乗れず、マイナス収支実績に終えることになってしまいました。

いわゆる、ポジション取りとしてはショートを中心にしたにも関わらず、ストップのおき方が甘く、戻り高値でストップにかかり、その後に下げる・・・という展開が多くあり、ストップのおき方に、もう少し幅を持たしていると利益が大幅に出ていたものを・・・。

もう少し、ストップとリミットの設定幅を調整する必要を感じる1週間でした。
今週は相場が荒れることが予想出来ていながら、無理してポジションを取ったことも、相場に振り回されることになったと思います。

【10月15日?19日の収支】
?152,677円

【持ち越し保有ポジション】 L・・・ロング S・・・ショート
ZAR/JPY  17,00L ・ 17,90L
(評価損益)
?87,020円

【投資30万からの損益】
+273,285円 

来週は、G7での発言内容としては大きなサプライズはありませんでしたが、株価の大幅な下げ、特にダウの下げ幅が大きかった点で、更なる下げに要注意だと思ってます。

取引メイン通貨をGBP/JPYにしている私ですが、テクニカル的には移動平均線75日、25日共に下に抜けて週末を終えています。
MCDもデッドクロス、更には雲の上限で踏ん張れず、中に入ってきました。

地合いは非常に弱く、9月中旬にもみ合った232円台?234円台が見えてきます。

戻り売りを軽目に狙っていこうと思います。


人気blogランキングへ

本日は昨日のNY株式下落を引継ぎ、本邦株価が200円以上下落して引けました。
外国為替取引状況としては、円全面高です。

本邦財務省幹部が今週末に開催されるG7で為替が議題に上がる可能性を示唆した点、
本邦株価の軟化、現在も欧州株が軟調な動きとなっており、円が大幅に買われています。

G7を控え、ポジション取りをひかえようと思っていましたが、GBPとNZDで指値を含め
ロングポジションを段階的に仕込む結果に。

NZDに至っては89円台のポジションもあり・・・・・です。

これからのNY時間の動きに注視したいところです。

よくあるNY時間で、往って来い状態になって欲しいところです。


【15日(月)の決済】
なし

【本日のポジション】22:30現在
GBP 238L
GBP 237L
NZD 89L
NZD 87.82L
NZD 87.5L
NZD 87.28S
ZAR 17.0L


人気blogランキングへ

これから新たなカテゴリとして、月間収支実績を掲載していくことにします。

【投資額30万円/スタート2007年9月】

      <証拠金>   <有効証拠金>
9月 ⇒ +118,942円   +118,942円



<9月>
通貨ペア  Open   High    Low   Close   差     HLの差
USDJPY  115.72   116.46  112.58  114.79  -0.93    3.88   
EURJPY  157.72   163.95  155.14  163.77   6.05    8.81
EURUSD 1.3629   1.4278  1.355   1.4266  0.0637   0.0728
GBPJPY  233.51   235.24  228.18  234.96   1.45    7.06
AUDJPY  94.84    102    92.19   101.91   7.07    9.81
NZDJPY  81.37    87.32   76.93   86.96    5.59    10.39
CADJPY  109.82   116.06  106.49  115.6   5.78   9.57


AUDが7円以上の上昇で目立ちます。
高金利で資源国なので強いですね!

次いで、EURが6円以上の上昇、対USDに対しても強い上昇。
個人的には、少し相性の悪い通貨です。

9月は、8月の円高からの回帰をするも、GBPの戻りが悪いのがよくわかります。
GBPをメイン通貨にしている私には、利幅の少ない9月実績となってしまいました。

その通貨をみても、単月での高値、安値の差が激しいですね。
NZDは10円以上も・・・
始値からは全体的に上げていますが、途中で振り切られた方も多かったのでは?

私としては出遅れているGBPに10月期待したいものです。



<あとがき>
昨年2006年11月よりFXに取り組み、順調に利益を伸ばしました。

しかし、今年の3月の円高では、何とかしのいだものの、8月の円高でマイナスに・・・

9月より【投資額30万円】にて、再スタートをきりました。

8月の円高時は、ついつい順調に利益を上げ、気持ちが大きくなりすぎ、過剰なポジションを取ってしまい、痛手を被りました。

9月の再スタートをきっかけに、ブログを立ち上げ、自己管理として日記を記すことにしました。

夢のあるテーマで今後も外国為替証拠金取引(FX)を勉強しながら取り組んでいこうと思います!



昨日から本日にかけて、ポンド円は激しい動きでした。

昨夜の下げはヒヤヒヤものでした・・・
結果として、本日240円台をタッチし、往って来いとなりました。

8日の保有ポジションはリミット240円をヒットし、一旦すべてのポジションを手仕まい利益確定させました。(下げたところを我慢し、237円台で少し買い増しで果敢に攻めました)

ポンスイはストップにかかり、若干のマイナス。

トータルでは、昨日の突っ込みを耐え忍び、なんとかプラスに!


<8日⇒10日:23:30現在の口座状況>
証拠金    476,343円 ⇒ 740,231円(+263,888円)
有効証拠金 708,844円 ⇒ 740,231円(+31,387円)


さて、これからですが。

昨日の米国FOMC議事録の好感から、NYダウが史上最高値を更新し、本日の日経平均株価も上昇で円キャリートレードも活発化しました。

但し、投機筋の動きもあり、いっきに上昇トレンドまではいかないかな?

ポンド円は、英国の利下げ見通しが後退していると一部英紙にて伝えられた点は好材料。
少し不安要素を抱えながらのポジショニングでしたので。


後は、G7を見据えてのポジション調整でもみ合うのではと見ています?

ポンドはユーロの動きに左右されるところもあります。
先日のトリシェECB総裁の欧州議会証言での発言「G7で為替問題を話し合う」
ユーロ高を強くけん制しているだけに・・・


ショートで手を出したくなりますが、ここはぐっとこらえて押し目を狙います。
ロングはスワップがあり、精神的にもいいですからね。


では、良い週末を迎えられますように!!
本日は本邦祝日だけでなく、米国も休場なので、仕掛け的な売りがあるのではと若干心配していましたが、堅調に推移しています。


午前は動意に乏しく値動きがありませんでしたが、夕方からの欧州勢参入後、徐々に上げてきました。


先週末の米雇用統計が良かった点で、リスク許容度をました円キャリー取引の活性化もあるのでしょう。


ポンド円、ポンドスイス共に堅調に推移しています。(0:20現在)


ポンド円は239円台を超え9円台半ばで往ったりきたり。日足75日が下がってきて頭を若干押さえられている形です。


ポンドスイスは2.4000をしっかり超え、一時2.4150まで上げて今は2.4125前後でもみ合っています。


日足75日は2.4224どころで、移動平均線が下がってきていますので、2.4200あたりが一つの節目とみています。


対円、対スイス共に、他通貨同様日足75日移動平均線を強く越えていって欲しいものです。
但し、ポンドは金利先高感の後退から、住宅関連悪化懸念となっており、年内利下げもささやかれています・・・


このような状況から、節目節目では押し戻される可能性もあるので注意してポジションを保有、決済をしていこうと考えています。


現時点での保有ポジションは、
ポンド円は237を5枚、237.91を2枚、239を3枚。
ポンスイ2.3950を5枚、2.4065を2枚保有。


20万強の評価益です。
<証拠金476,343円 有効証拠金708,844円>


小資本から出直しているわりには、少しポジションを取りすぎていますが、ストップとリミットをもって取り組もうと思います。(ポジポジ病?)


では、今週もFX頑張りましょう!!

人気blogランキングへ

先週末は米雇用統計も無事乗り越えましたね。


金曜日のポンド円は東京市場ならびに欧州市場では、米雇用統計を控えて乱高下はありましたが、往って来い状態でした。


21:30発表の米9月雇用統計(非農業部門雇用者数)が11万人増と市場予想値を上回りました!(ホッ)


更に前回発表数値もマイナスから大幅に上方修正されたこともあり、米国株式市場が堅調に上昇し、連動して円キャリートレードが行われる展開でした。


ロングを仕込んでいたポンド円も238円後半まで上昇しました!
239円までいっきに突き抜けるかとも思いましたが、さすがに日足75日をタッチした状態で終えました。


ということで、237円で仕込んだポンド円が着実に評価益をあげてきました。


また同時に仕込んだポンスイ2.3950ロングは、2.4052とポンド円ほどではありませんが
2.4の節目を越えて来ました。


さて今週は?


英国では経済状況として、利下げ観測も出てきている点で、他通貨と比較しても乱高下を覚悟した上で、ポジション調整をしようと考えています。


先ずは240円突入は固いと思いますが、その後の動きを注視!!


75日移動平均線で頭をおさえられて下落する場合は、保有ポジション決済&押し目で勝負しようと思います。


今週もFX頑張りましょう!!
こんばんわ!

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年もまだ暑い日が続きますね。

朝と夜は比較的涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね(汗)

温度差の激しい季節になりますので、体調に気を付けましょう。

ちなみに私は、仕事で大阪から福岡そして山口、広島、東北へと移動の旅を続けてます。

いわゆる大阪から一度南下して、北上しています。

為替も同じようにいきたいものです。(上昇気流へ?)


さて本題です。
いや?  上げてきましたね!

先週金曜日にポンド円とポンドスイスを一旦利食いしました。

とくにポンドは235.5円どころを節目と見ていたので、無難に234円台で利食いしましたが、上昇が続きました・・・

そんなものですね。

もうはまだ!まだはもう!って感じかな?


ということで、他通貨より戻りで出遅れていたポンド円が今週勝負どころかと思ってます。

75日移動平均線からいうと240円台まで大きな節目がないので、いっきにあげるかどうか?

ちなみに、今日は236円でショート。(ちょっと衝動仕込み)

そして、地合いが以外と強いので、235.75円でロングを仕込みました。
(なんか弱気なポジションを取っています。)

ロングの比率を高めてのポジションを取っていますので、現時点では評価益が出ていますが、なにせ動きの激しい通貨だけに???


ちなみにポンドスイスも2.3800スイスフランでロング。

最近は、ポジション保有時間が短くなりました。

トルコリラで金利をじっくり貯めていた時期が懐かしく思える今日この頃です。
(80円台後半で仕込んだものをすぐに決済しちゃったのを少し悔やみます・・・)

ということで、今週もFX頑張りましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。