【30万円から1億円へ3年間で目指す】外国為替取引奮闘日記!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【7月の目標 200,000円 ⇒ 中間実績 176,113円】


<7月14日?18日:週間確定済み決済 92,004円>

明細はこちら↓
7月14日から18日の週※画像をクリックすると大きくなります。



おはようございます!



本日は3連休の中日。
この連休を活用して、海外渡航者も多いのでしょうね!



昨日のニュースでも、空港は海外へ行く為の渡航者で混雑しているとこのこと。
中国よりも韓国の方が人気があるようです。



国内旅行や帰省などで、国内移動の交通機関も込み合っています。
週末は東京での仕事を終え、関西方面へ新幹線で移動しましたが、夕方から最終まで普通席の予約は既に満席状態。
乗車率は100%を超え、通路にも指定が取れなかった方々で一杯。



為替は、比較的円高水準で、海外へ行くには良い環境ではありますが、原油高による飛行機のサーチャージが高すぎて・・・ってところですね。



この原油は為替相場にも大きく影響しています!
ちなみに、他のブログで拝見しましたが、7月に上昇した原油は、8月に調整する傾向があるとのこと。
また、原油は8がつく数字の年には、下落すると言われているようです。



ん!? 8月に原油が下落すると想定すると、ドルは上昇!? ユーロドルは下落!?
ドルは、まだ大きく調整される場面もあると想定していますが、色々な見方があるものですね!



さて、先週の為替相場。



バーナンキ議長による、半期議会証言のタイミングで大きくドル売りが加速し、103円台後半まで下落。
その後は、金融機関の決算内容が比較的良かった点(想定内)で、反発上昇で107円台目前まで上昇。



ふたを開けてみると、週足では106円台前半から106円台後半へ上昇、陽線を引きました。
週足21本線(103円台後半)でサポートを受けた形。




そして、ユーロドルは至上最高値更新の1.6ドル台前半まで上昇を見せる場面もありましたが、週足で見ると1.59ドル台半ばから1.58ドル台半ばへ下落、陰線を引きました。



上手くドル円下落の流れに乗れた人、乗り遅れて安値からのショート追いかけで損失を膨らませた人、逆に反発展開でドルを上手くロングで来た人、などなど、荒れた相場展開ではありましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか!?



私は、先週前半に上手くスタートを切ることが出来、その流れで比較的上手く短期売買をすることが出来ました。
ドル円の下落展開では、ポジションを取ることが出来ず、乗り遅れましたが、ユーロドルの高値圏での反発下落を狙ってのショートで利を乗せました。



同時に仕込んでいた、ドル円ロングは、最終薄利で決済。
一時、大きく評価損を計上していた点では、上出来。



その後のドル円106円台でショートを仕込み始めましたが、これは評価損計上中。



週明けの為替相場は、このままドル円が上昇するのでしょうか!?
テクニカル的には、日足のレジスタンスラインが頭を抑える要因にもなりそうですが、短期的には上方向のサインが出ていますね。



107円台半ば、108円での節目も重そう。
固定観念はいけませんが、107円台からのロング追いかけは抵抗があります。
現在のショートポジは評価損を計上していますが、しばらく様子見で継続保有しようと思います。



日足ボリバン上限は109円台後半となっているので、上方向の大きな節目としては頭の片隅に置いておこうと思います。



週末NY引けで、日足21本線を値段が上抜けましたが、MACDは0ライン付近での攻防。
シグナルをMACDが上抜けることが出来るかどうか、はたまたシグナルラインに頭を抑えられる形となるのかってところですね!



週明けも冷静に相場チェックをして、短期売買で頑張りたいと思います!



良い連休を!



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 人気blogランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laviedream.blog120.fc2.com/tb.php/179-6f7e2822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。