【30万円から1億円へ3年間で目指す】外国為替取引奮闘日記!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末9日(金)は欧州時間より大幅な下落がスタートし、雪崩がおこり大幅な下落となりました。

欧州時間から、欧州主要株価が下げ、ダウ株価も下落となり、円買いが加速し、ドルでは年初来の安値となります111円台まで下落しました。

クロス円でも、大幅な下落となり、英国大手銀行によるサブプライム問題に絡む、資金調達などに苦しんでいるとの噂が流れたことでリスク回避から欧州通貨が大きく下げることに。

NY時間では、米大手銀行のワコビアがサブプライム問題に絡む追加損失が約11億ドルになることが報じられ、米国株式市場は大幅下落となり、更には米11月ミシガン大消費者信頼感指数が予想値を下回ったことで、リスク回避のドル売りに拍車がかかり110円台半ばまで突っ込む展開となりました。

メイン取引通貨にしているGBP/JPYでは9日高値238円台前半から安値では231円台前半と7円程の大幅下落となり、超特大陰線を形成する雪崩に。

前日にはGBP/JPYのロングをすべて決済していた点は、良いタイミングで決済出来ていましたが、節目節目でロングを指していたものが約定し、一気にマイナスが膨らむ展開となりました。

節目とは、前回のブログ記事で記載した通り、GBP/JPYでの日足75日線の235円台前半と
ボリンジャーバンドの節目233円台前半です。

週明け月曜日が米国祝日ということもあり、下落相場には注意が必要と思っていましたが、ここまでの急激な下落相場となるとは!?

233円台前半は下値での重要ポイントで、大きな節目と考えていましたが、ここを割ってくると10月22日に付けた230円台前半が見えてくる展開となってしまいます。

235円台前半、233円台前半のロングが指値で約定後、233円台を割り込む勢いで推移した点で、更なる下落による評価損を抑える目的として両建てでのショートを成り行きで保有。

週明け窓空け下落相場も想定してのポジション形成となります。


今後の戦略としては!?

週明けの相場状況を確認後、GBP/JPYでは230円前半まで下落する可能性は充分考えられますが、これを切り返してきた場合は両建てでのショートを決済する予定です。

230円台まで下落せずに、切り替えしてきた場合は、しばらく両建て状態のまま様子を見ようと思います。

いずれにせよ、昨日9日の下落相場で、テクニカルでは弱い状況となり、ファンダメンタルズ的にも、信用市場収縮懸念が強まったことで、不安定な状態に陥っていると思います。

明日は、週別収支実績と共に、いつものようにテクニカルでの節目分析を掲載しようと思います!


【9日の決済】
なし
 

【現在の保有ポジション】
(GBP/JPY)
235.33×7L
233.12×5L
233.11×2L
232.80×2S
232.76×5S
231.93×3S



今後の励みとなります!
⇒ 人気ブログランキングへ

こちらも応援お願いします!
⇒ ブログ村 為替日記へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laviedream.blog120.fc2.com/tb.php/23-65232aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。